背中ニキビに抗生物質は良い?悪い?

しっかり洗ってもなかなか治らないしつこい背中ニキビ・・・。これじゃあ温泉もプールも楽しめないし彼氏にも見られたくない!何とかして治したい!そんな背中ニキビの悩みで皮膚科を受診したら抗生物質を出された、そんな経験をお持ちの方もいるかと思います。

 

抗生物質はその名の通り菌を殺す薬

 

ニキビの原因はアクネ菌なのでこれを使えばアクネ菌もやっつけられる、という考え方で処方されます。

 

一般的に処方されやすいものをいくつかご紹介しましょう。

 

飲み薬では・・・ビブラマイシン、ミノマイシン、シナ−ルなど

 

塗り薬では・・・ダラシンTゲル、ディフェリン、ハイチオールなど

 

です。

が・・・!残念なことにアクネ菌をやっつける抗生物質というのは今のところないのです。多分効くだろう、という程度で処方されて、様子を見て強いのに変えたり弱いのに変えたり・・・というやり方です。

 

生活面、食事、ニキビ用の化粧品を使って治そうと思うと数ヶ月かかるにきび治療。それよりははるかに即効性がある治療法が抗生物質といえます。

 

しかしいくつか気をつけてほしい点があるのです。それは抗生物質で治しても必ずと言って良いほど再発します。
飲みはじめるとすっかり治ったかのように綺麗になるのですが、やめると又出て来るのです。そしてだんだん利き目を感じなくなるという恐ろしい側面があります。

 

抗生物質は免疫がついてしまって、だんだん効かない体になっていくのです。根本的な治療ではないということです。1ヵ月以上飲み続ける事はまず辞めた方が良いのです。

副作用問題

もう一つ知っておいて欲しいのは、抗生物質は悪い菌だけでなく良い菌も殺してしまうので、肌荒れを起こしたりする可能性があるということです。
副作用です。肌を綺麗にしたくて使ったのに・・・荒れてしまっては残念ですよね。そう考えるとあまり積極的に使いたい薬ではないですよね。

 

先に書きましたとおり、即効性はなくてもニキビができにくい体質に変える治療が再発もなく予後も良いのです。もしどうしても抗生物質を使うのなら短期間にとどめて、大変でも生活面の治療などと併用していくのが良いでしょう。一瞬でも良くなれば精神的に少しゆとりができますしその間に他の面を改善していけば良いのですから・・・。

 

背中ニキビは時間はかかってしまいますが、生活面・食事・ニキビ用のケア用品などなどを利用して治していく方が良いかと思います。

 

>>ジュエルレイン男性 TOP