日頃の入浴・お風呂でニキビケアの仕方

背中のニキビは出来て悪化するまで気がつかない、という事がよくあります。見えないところであるというのと同時に、ケアのしかたが分からない、まあ服で隠れているからいいか・・と後回しにしてしまうことが挙げられます。しかし、女性なら背中のあいたドレスを着る機会・男性なら水着になるという時になって焦りませんか・・・?

 

そこから慌ててケアをはじめても、背中ニキビに対して即効性のあるケアというのは残念ながら今のところありません。背中ニキビやニキビ跡の治療というのは時間がかかるものなのです。ですからいざという時のためにも日頃から意識していることが大切です。

 

お風呂での正しい背中ニキビケア

 

さて入浴は誰でもできる一番手軽な美容法と言われています。ここでは背中ニキビケアにおける、入浴中に気をつけられる事や効果的な入り方をご紹介しましょう!

 

基本的に顔もボディも気をつけるべき点は同じ

 

背中・体ニキビのケアで大切なのは

清潔

 

保湿

 

正常なターンオーバー

 

 

身体を傷つけないナチュラルな素材のもので身体を綺麗にします。化学繊維のものは使った感じがさっぱりしますが、デリケートな状態に陥っている肌には良い素材とは言えません。特にニキビやニキビ跡は刺激に対して敏感です。悪化する可能性があるので気をつけましょう。

 

やさしい素材を使ったり素手でやったりと、ゴシゴシこすったりせずに洗い流しましょう。また背中の真ん中は手が届きにくく頑張っても洗いにくい部分なので時々人に流してもらえると良いですね。正常なターンオーバーを保つために、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かり老廃物を出しましょう。肩まで入ると心臓に負担がかかってしまいますので、心臓の下まで浸かる半身浴がおすすめです。

 

半身浴で大事なことは、身体だけでなく顔からもジワーっと汗が出て来るまで入ることが大事。早く汗をかくために入浴前にコップ1杯の水を飲むと良いですよ。身体が「水分が補給される」と安心して汗をかくことができるからです。20〜30分の入浴が目安です。無理して長く入るとミネラル分も不足してしまうので気をつけましょう。血行がよくなると身体の中のめぐりが良くなるので、万病予防にもなります。

 

背中ニキビは時々、内臓疾患が原因のこともありますのでそういったことを予防するためにも半身浴は効果的です。もちろん入浴後は再度水分補給をしてくださいね。

 

背中ニキビに効果のあるお風呂の入り方 まとめ

 

体を洗う際には優しいもの洗う

 

ゆるま湯のお湯に浸かる

 

入浴後には水分補給をしっかり!

 

綺麗になった背中に保湿ケア

 

背中ニキビに使うボディーソープで良いモノ・悪いモノ

普段はお湯で洗うのみで時々石鹸やボディソープを使うという方もいらっしゃるかもしれません。

 

ボディソープに含まれる界面活性剤

 

多くの方が使っている、巷で売られている安価なボディソープは実に様々な肌へ刺激になるものが入っています。例えば界面活性剤。他にも保存料、香料(天然由来でないもの)も入っていますね。

 

界面活性剤で肌の潤いまでとってしまうからといって保湿成分まで添加されています。普通の人は反応しなくても、肌が弱い人はこれらが反応してしまうことがあります。

 

背中ニキビが一向に治らない、という人は一度ボディソープの中身を確認してみましょう。できれば固形石鹸を用意しましょう。それをよーく泡立ててフワフワの状態にして、背中を洗うことをおすすめします。石鹸も最近は色々出回っているので購入する時に気をつけて!石けん素地のものを選ぶこと。
カタカナで表記してある合成成分満載のものは辞めといた方が良いでしょう。ネットで購入の場合はニキビ専用石鹸としてNonA(ノンエー)などが良いですね!

 

皮脂というのは大事なバリア機能です。取り去りすぎるのはかえって悪なのです!そう言っても固形石鹸は水に濡れると溶けてやわらかくなってしまったり、周囲が汚れて管理しにくかったりします。また風呂に色々なものを置きたくない人もいるでしょう。しかし早く背中ニキビをキレイにしたいと思う方は是非ともボディソープなら固形石鹸にシフトしてみてください!

 

ボディソープが全て悪いわけではありませんが、市販のものは背中ニキビやニキビ跡が出ている時などでは避けておきましょう。

 

ボディソープ・石鹸のまとめ

市販のボディソープは余計な成分も入っているので固形石鹸に切り替えを行いましょう。

 

その時にネットで購入ならNonA(ノンエー)石鹸はお勧め。

 

お風呂上がりのその後に潤いを与える保湿ジュエルレインで潤いを与えたらさらに良いです。

 

 

>>ジュエルレイン男性 TOP