8つもあった、背中ニキビの原因

背中ニキビの原因って一体何なのでしょうか?その原因はひとつではないのです。「え!?それも?」と今まで知らなかったことが沢山有ると思います。でも知っておくと背中ニキビの予防に役立てられそうです。ご自分の肌質、生活面と照らしあわせて読んでみてください。

 

〈その1〉シャンプーなどの洗い残し

シャンプーやトリートメントが背中に流れて落としきれていないこれはよく聞きますね。
洗髪は入浴の時最後にしないほうが良いかもしれません。特に髪の毛が長い人は入浴中だけでなく、あがった後乾かすまでの間に垂れてくることがありますので気をつけましょう。

 

〈その2〉過度な日焼け

例えば夏に思い切りビーチで背中を日焼けしてしまうと、肌の角質が硬くなります。他のパーツも同じですが、日焼けは肌を衰えさせます。ニキビ以外にもシミにもなりますから注意が必要です。

 

〈その3〉背中などの体の乾燥

顔同様、ボディも乾燥します。肘やかかとはケアしやすいですが背中は見落としがち。
乾燥に気が付かないこともあるでしょう。普段のスキンケアで「乾燥肌用」を使っている人は、特に背中のケアも気をつけてみましょう。
背中ニキビの乾燥対策として推奨しているのがジュエルレイン

 

〈その4〉洗剤や柔軟剤

背中は凹凸もなく広範囲で衣服が常に当たっている場所です。影響を受けやすく、洗剤や柔軟剤が合わない人はここにいち早く影響が出るでしょう。洗剤や柔軟剤を変更してからすぐに出てしまった人は確認してみて!

 

〈その5〉食べ物・飲み物

食べものの影響脂っこいもの、甘いものやアルコールが好きな人。心当たりはありませんか?見落としがちですがおせんべい類も注意が必要です。すべてにおいて言えますが食べ過ぎ・飲みすぎなどは原因になっている可能性があるので食生活も目を向けてみて

 

〈その6〉ストレス

ストレスは万病の元。背中ニキビも例外ではありません。ストレスは血流が悪くなり過剰に男性ホルモン分泌されてしまいます。肌荒れの原因にもあげられているので、なるべくストレスをためないように日々の生活を過ごせるようにしていきましょう!

 

〈その7〉睡眠不足

疲れや新陳代謝の異常は背中ニキビという形であらわれることがあります。ですのでしっかりと最低でも5〜6時間は寝れるように。欲を言えばしっかり7〜8時間睡眠をとれるような生活にしていきましょう。

 

〈その8〉寝汗

意外かもしれませんが、夜寝ている間は汗を沢山かいています。その量はコップ1杯とも言われています。
寝ている間はフトンに背中が密着しているので通気性が悪くなり、背中ニキビを誘発します。こまめにシーツを変えたり寝間着もこまめに洗濯していきましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?背中ニキビは必ずしも「脂肌だから」という理由ではないのですね。
洗う以外のケアをしないといけない!ということが分かったでしょう。普段のスキンケアに加えて、これらを見なおしてみると早く背中ニキビが治るかもしれませんよ!

 

>>ジュエルレイン男性 TOP