ジュエルレインとリプロスキンの違いはどこ?

ニキビケアの商品を探している人にとっては有名なこちらの2商品、
ジュエルレイン

 

リプロスキン

 

 

皆さんはどちらを使っていますか?「どちらを使おうか迷っていた!」と言う方もいらっしゃるでしょう。今回は、この2つの商品はどの点が似ていてどこが違うのでしょうか?それぞれの特長を比較しながらご紹介したいと思います。

 

発売元ですが意外と思われるかもしれませんが同じ会社からなのです。ですから商品の信頼度はどちらも同じ。

 

リプロスキンについて

ニキビ跡への化粧水として販売されている導入化粧水と言われています。手持ちの化粧水の前に使うことで肌を一時的にゆるめて、次に使うものの浸透を良くするという役割があります。どんなに高価な商品であろうとも、肌の表面がごわついていたり角質が厚いと浸透していかないのですね。それを助けるのがリプロスキンというわけです。

 

洗顔後に肌を蒸しタオルなどで温めます。リプロスキンを手に出してなじませます。その後普段使っている化粧水や乳液、クリームなどで仕上げます。リプロスキンをコットンにとって週に一回、5分パックをすることもできるようです。

 

成分

 

美白成分としてダーマホワイト、保湿のためのホメオシールド、低分子コラーゲン、低分子ヒアルロン酸、相乗効果を狙って酵母エキス、 イソフラボン、 アロエエキス、 ゼニアオイエキスがあります。

 

ジュエルレインについて

ジュエルレインは主に背中にきびをはじめとするボディケア商品です。しかしその使用部位はボディだけにとどまらず、顔にも使えるのです。ジュエルレインはクリームでありながら油分ではなく水分をタップリと肌に届ける保湿系クリームなのです。

 

成分

 

グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタ。それ以外にもトレハロースやアラントイン天然ビタミンE,甘草フラボノイドなど、お肌に浸透して良い成分ばかり。本来の健康で赤ちゃんのような肌に近づけるためのクリームなのです。

 

肌力アップすると、肌のバリア機能も上がってその後ニキビができにくくなるという効果があるのです。いかがでしたか?それぞれの特長や、あなたにとってどちらの商品が必要か、なんとなくイメージがわいたでしょうか?

 

>>ジュエルレイン男性 TOP