ニキビ跡に効く食べ物

大人ニキビの原因は

ストレス

 

睡眠不足

 

食生活の乱れ

 

などがあげられます。

 

体全体が疲れて弱っている時には、ニキビは出やすく治りづらいものです。薬やスキンケアでニキビとニキビ跡を治すのも良いですが、体の中からニキビにならない体質を作り事も大切です。ニキビ跡の治療には肌の新陳代謝を高めていくことが有効です。日常的な食生活を見直して、健康な肌を作っていきましょう。

 

肌に良い栄養素

ビタミン類が最初に思い浮かびます。ビタミン類はたくさんの種類があってどれも美容と健康に大きく係わっています。

 

ビタミンA

 

皮膚の代謝に関係がります。不足すると毛穴が詰まってニキビの原因になります。にんじん、春菊、ほうれん草、レバー、などに含まれています。

 

ビタミンB2

 

余分な皮脂の分泌を抑制します。適切な皮脂の量は肌の再生には大切です。レバー、魚肉、卵、牛乳、乳製品に多いです。

 

ビタミンB6

 

タンパク質の代謝を促し皮膚の再生に力を発揮します。ニキビ跡を消すなら欠かすことはできません。レバー、大豆と大豆加工品、バナナ、さんまなどの青魚を食べましょう。

 

ビタミンC

 

体に関するあらゆる事に有効なビタミンです。抗酸化作用が強く紫外線への抵抗力も持っています。ニキビ跡に色素が沈着するのを防ぐ力もあり、コラーゲンの生成をして皮膚の再生を助けます。緑黄色野菜や果物、じゃがいもなどに含まれています。

 

ビタミンE

 

強い抗酸化作用と血行促進作用があります。肌の再生のためには血行が大切です。かぼちゃ、ほうれん草、ウナギなどを食事に取り入れましょう。

 

コラーゲン

 

肌を作る元にもなりますし、水分を保つ上でも大切な成分です。豚バラ肉、牛すじ肉、鶏皮、鶏なんこつ、うなぎ、魚などにあるので、普段から煮魚やシチューなどにして食べるといいでしょう。

 

ミネラルも大切です。カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラルは、細胞と体液などのアルカリ性のバランスをとり、筋肉や神経の動きの調整などをしています。体内のバランスが整っていると細胞が活性化して、皮膚の再生の環境を整えることになります。

ニキビ跡に良い食べ物は健康な体を維持するために必要な栄養素を含んでいます。ビタミンCがいいから、コラーゲンが効くからといって、そればかりを摂るのではなく、さまざまな栄養をバランス良く食べることが肌の新陳代謝と再生を促してニキビ跡の治療につながるのです。

 

>>ジュエルレイン男性 TOP