背中ニキビはかゆみが出る事が多い!

通常はニキビができたからといってかゆくなることはあまりないのですが、背中のニキビは別です。背中ニキビがかゆくてついかいてしまう、そのせいでニキビが悪化し、さらにかゆみが増す…こんな悪循環に陥ってしまった人もいるのではないでしょうか。

 

なぜ背中ニキビはかゆみを伴うことが多いのでしょう。その主な原因は「乾燥」だといわれています。

 

乾燥について

皮膚が乾燥するとかゆくなるのは皆さんご存知のとおりです。ではなぜ背中が乾燥してしまうのか。それはボディーソープで洗いすぎたり熱い湯船につかることで、必要以上の皮脂を取り除いてしまっていることが考えられます。

 

また入浴後の保湿が不足しているのかもしれません。洗顔後は必ず顔を化粧水や乳液で保湿する人でも、入浴後の背中の保湿までやっている人は少ないのではないでしょうか。ちゃんと保湿ケアをしていても、背中は手が届きにくいため、うまく保湿剤が塗れていないということもあります。

 

毛穴の詰まりについて

乾燥以外のかゆみの原因としては、毛穴の詰まりも考えられます。背中は意外と汗をかきやすい場所ですが、汗をかいてもすぐには拭けないことが多く、そのままにしてしまいがちです。さらに背中は洗いにくいため、入浴しても汚れや古い角質やボディーソープのすすぎもれが残ってしまうことがあります。すると毛穴に汗や古い角質がたまり、すぐに詰まってしまうというわけです。

 

背中ニキビのかゆみ対策としては、保湿をしっかりする、そして清潔を保つことが大事です。これはかゆみだけでなくニキビケアにおいても大切なことですね。汗をかきにくくし、また汗をかいても蒸れにくいよう、通気性のよい衣類を選ぶのも効果的です。

 

そしてかゆくなっても絶対にかいたりしないこと!かゆいときは患部を冷やすと少し楽になります。かゆみが強い場合は、寝ている間に無意識にひっかいてしまい症状を悪化させることもあるので、そのようなときは皮膚科でかゆみ止めの薬を処方してもらうのもよいでしょう!

 

>>ジュエルレイン男性 TOP